マウスピース型矯正装置『インビザライン』

  • TOP
  • マウスピース型矯正装置『インビザライン』

見えない矯正
「インビザライン」とは

インビザラインは、「アライナー」と呼ばれる、透明で目立ちにくいマウスピースを着用することで歯並びを整える矯正装置です。

インビザラインシステムは、マウスピース矯正で世界ナンバーワンの1100万症例を誇る歯列矯正メソッド。世界中の症例データの蓄積とA(I 人工知能)技術を用いた特許技術により、非常に精密で高性能な歯列矯正を実現します。

インビザライン
こんな人向いています

  • 人前に出る職業の方(営業職、接客業、芸能関係など)
  • 矯正治療中の見た目(矯正装置が見える)が気になる方
  • これから、重要なライフイベント(面接や結婚式、成人式など)を控えている方
  • ご妊娠中の方
  • 留学を考えている方
  • 頻繁なご来院が難しい方

7 インビザライン
つのおすすめポイント

その1
シミュレーション
治療後イメージしやすい

シミュレーションで治療後をイメージしやすい

インビザライン矯正治療では、AI 技術を取り入れた3D 治療計画ソフトウェア「クリンチェック」
シミュレーションを作成します。治療開始から治療完了に至るまでの歯の動きを、患者様と一緒に確認いたします。

※マウスピース型矯正装置による矯正治療をご希望の場合も、複雑なケースや適用しにくい場合など診療結果によってはほかの治療法を提案させていただくこともあります。

その2
簡単に取り外し可能だから、
お手入れがしやすい

簡単に取り外し可能だから、治療後をイメージしやすい

インビザラインはワンタッチで取り外し可能です。歯磨きもしやすく、口腔内を清潔に保つことができます。

また従来の金属ワイヤーを使ったブラケット治療では、毎月調整やブラケットが脱落した時の即対応が必要で、しかも調整後の痛みが発生しやすいデメリットがありました。でもインビザラインなら、マウスピースを1~2 週間ごとにわずか0.25mm ずつ動かしていくため、痛みは大幅に和らぎます。

その3
食事影響しない

食事に影響しない

食事の際に取り外すことができるのがインビザラインの大きな特徴。
金属ワイヤーを使用するブラケット矯正とは異なり、食事制限がありません。

また通院回数も平均して1~3 ヵ月に1 回程度と少ない回数で済みます。これはブラケット矯正の治療終了までの通院回数と比べて、患者様の負担が大きく減ります。

その4
ブラケト矯正
効果は変わらない

ブラケット矯正と効果は変わらない

簡単に取り外しができて、通院回数も少なくて済むインビザライン。得られる効果はブラケット矯正と変わりません。

「矯正装置が目立つから矯正治療に抵抗がある」と思われていた方にこそオススメしたい治療方法です。

その5
通院が難しくても
治療を受けられる

通院が難しくても治療を受けられる

インビザラインなら、1~2 週間に1 回、ご自身でマウスピースを付け替えていただきます。

仕事上の理由などで通院が難しい方でも、マウ スピースをお渡ししておくことで対応できるこ とがあります。これにより、矯正治療を継続しやすいメリットがあります。

その6
金属アレルギーの人
安心

金属アレルギーの人も安心

ワイヤーやブラケットを使用する従来の矯正治療では、素材に金属を使用することで「金属アレルギー」を引き起こす懸念がありました。

でもインビザラインでは、マウスピースに金属を使用しないため、金属アレルギーの心配が不要です。

その7
透明で目立たなく
しゃべりやすい

透明で目立たなく、しゃべりやすい

透明なマウスピースを使用するため、金属ワイヤーを使用した従来の矯正治療とは大きく異なります。

「ワイヤーが目立って恥ずかしい」
「商談で話しにくかったらどうしよう……」
こんな心配も不要です。芸能人の方など、人前に出る職業の方からも支持されている矯正治療です。

3D光学スキャナー
安心歯型取りができます

3D光学スキャナーで安心の歯型取りができます

iTero element(3D 光学スキャナー)を使って患者様の口腔内を撮影し、歯の形状や歯列の状態をスキャンします。
従来のシリコン印象材を使った歯型取りでは、喉の近くに異物が入るとオエッとなってしまう(嘔吐反射の強い)方には苦痛を与えてしまうものでした。

当院ではインビザライン専用のスキャナーを導入しており、短時間で簡単に患者様の口腔内のデータを取ることができます。

iTero element 3つの特徴

1 スピーディーに将来の歯並びを提示

2 患者様の負担が軽く、快適な施術に

3 精密で正確な歯型データの取得

当院
インビザライン行うメリット

  • 虫歯治療やインプラント等と併せて、
    ワンストップ治療可能です

    虫歯治療やインプラント等と併せて、ワンストップで治療が可能です

    当院では他の診療科目と平行して、インビザライン矯正を行うことができます

    虫歯治療とインビザラインで別の歯医者にかかる必要はありません

  • 歯周管理をしながら、長期にわた
    る矯正治療をサポートいたします

    歯周管理をしながら、長期にわたる矯正治療をサポートいたします

    定期的な通院とメンテナンスで、虫歯や歯周病の発生を抑えます。

    口腔内の健康を保ったまま、インビザライン矯正を進めていきましょう。

  • 来院回数の希望を伺ったうえで、
    治療の計画が立てられます

    来院回数の希望を伺ったうえで、治療の計画が立てられます

    患者様のご都合に合わせて、柔軟な治療計画を立てることが可能です。

    帰省や出張、旅行などの予定がありましたら、事前にお申し出ください。

  • インビザライン認定医が
    担当します

    インビザライン認定医が担当します

    当院のインビザライン担当者は「プロバイダー」と呼ばれる、アライン社に公式認定されたドクターです。

    インビザラインに関するご質問やご相談は当院までお寄せください。

インビザラインの
2 つの注意点

装着時間は1日22時間以上で、患者様ご自身で管理する必要がある

インビザラインは、毎日22 時間装着していなけれ ば、効果が完全に出ないことがあります。

装着するのを忘れてしまったり、会食が多くて1 日の装着時間が短くなってしまったりする場合には、計画通りに歯が動かなくなることがあります。

補助装置が必要な場合がある

歯を移動させる距離が大きい場合、インビザライン治療を始める前に6~10 ヶ月ほど通常の矯正装置を使用することもあります。

正面からは見えない裏側に装着する装置や、歯と同じ色で目立ちにくい部分的な装置を選ぶこともできます。

当院での
インビザライン矯正治療の流れ

  • 初診・ご相談

    初診・ご相談

    まずはお気軽なご相談から。患者様お一人お一人に合った治療プランをご提案いたします。

    STEP1

  • 歯列と噛み合わせの口腔内スキャン(資料採取)

    歯列と噛み合わせの口腔内
    スキャン(資料採取)

    iTero element を使用して、シミュレーション(クリンチェック)を作成するためのデータを採取します。

    STEP2

  • 資料発送、3D シミュレーションの作成

    資料発送、
    3D シミュレーションの作成

    スキャンしたデータを基に、担当医師が治療計画を作成いたします。

    STEP3

  • シミュレーションのご説明

    シミュレーションのご説明

    患者様にご来院いただき、担当医師とシミュレーションの確認を行っていただきます。

    STEP4

  • インビザラインの発注~到着

    インビザラインの発注~到着

    治療計画に同意していただけましたら、インビザラインのマウスピースを海外の工場に発注します。発注から到着まで、2~4 週間程度お待ちいただきます。

    STEP5

  • 装着指導を行い、治療をスタート

    装着指導を行い、治療をスタート

    歯の表面にアタッチメントと呼ばれる小さなポッチを付け、初めてのインビザライン装着を行います。

    また、ご自身で着脱ができるよう、マウスピースの取り扱い方法をご指導いたします。最初は慣れませんが、着脱は徐々に慣れてきますよ。

    STEP6

  • 1 ~ 3 ヶ月に1 回の来院、メンテナンス

    1 ~ 3 ヶ月に1 回の来院、
    メンテナンス

    定期的にご来院いただき、歯の動きの進捗を確認します。
    虫歯や歯周病の発生がないかどうかもチェックし、健康な歯を保ちながら矯正を進めるためのメンテナンスを行います。

    STEP7

  • 治療完了

    治療完了

    計画通りに最後まで矯正が進んだら、歯を動かす治療は終わりです。

    STEP8

  • 保定

    保定

    最後に、歯が後戻りするのを防ぐために保定期間を設けます。
    矯正終了直後は1 日のうち長時間、保定用のリテーナーを着用しますが、徐々に1 日の着用時間を減らしていきます。

    また、保定期間中にも定期的にご来院いただきます。

    STEP9

インビザライン費用

  • 総額

    80
    (税別)万円
  • 診断料

    1
    (税別)万円
  • 管理費月1 回

    3,000
    (税別)

インビザライン Q&A

インビザライン矯正はどのくらい痛いですか?

痛みというよりも「歯が窮屈な感じ」と言われることがあります。

歯の表面のみに力をかける従来のワイヤー矯正と異なり、インビザラインでは全体を覆って動かすため力が分散されます。このことから、一般的にワイヤー矯正よりも痛みが少ないと言われています。

話しづらさなどの違和感はありますか?

初めの2 週間は話しづらさや違和感がある場合があります。

特に「さ行」「た行」は言いにくいことが多いと言われています。
しかしアライナー自体は、特許を取得している薄い素材で作られており、毎日着けていると徐々に慣れてきます。

マウスピースをはめるだけで本当に歯が動くのですか?

動きます。

インビザラインのマウスピース(アライナー)にはうっすらと模様があります。
これが歯を動かす力(フォース)です。
ただし、毎日時間通りの装着をしないと矯正力がかからず、矯正治療が遅くなる可能性があります。

アライナーを装着したまま飲食は出来ますか?

基本的に、飲食はアライナーを外して行いましょう。
理由は3 つあります。

①アライナーが破損してしまう恐れがある
虫歯リスクが発生する恐れがある
アライナーに着色する恐れがある

アライナーが破損すると、新たに発注する手間が発生してしまい、治療期間が長引くことにつながります。

また、水やお茶であれば装着したまま飲むことが可能ですが、炭酸飲料やスポーツドリンクなどはアライナーの内側に入り込み、虫歯のリスクにつながります。

そして、アライナーに着色してしまうと、最初は透明でも徐々に色が目立つようになってしまいます。飲食は基本的にアライナーを外して行い、装着する前には歯磨きを行うよう心がけることが大切です。

津田歯科医院の「特徴」をご紹介しています

「医院概要・設備・院内紹介」の詳細

患者様をサポートする「ドクター・スタッフ紹介」